NPO法人日本協会とアテローム性動脈硬化症

投稿日:2018.01.03

アテローム性動脈硬化症は高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病により動脈が傷つき、動脈の血管壁にコレステロールやマクロファージの死骸が溜まってプラークという塊を作った状態をいいます。アテローム性動脈硬化症は軽度の内は自覚症状がなく、自分で発見する事は不可能です。医療機関で血管の詰まりを検査する事で初めて確認する事ができます。アテローム性動脈硬化症の怖さは、進行すると全身の血管に動脈硬化が進む事にあります。アテローム性動脈硬化症が進行すると血管内腔が狭くなったり、閉塞してしまいます。またプラークが剥がれ落ち、その先の血管に詰まる事もあります。
心臓に起これば心筋梗塞や狭心症、脳なら脳梗塞、下肢の血管が閉塞すると壊死など、様々な症状を引き起こします。日本成人病予防協会や日本高血圧協会などNPO法人日本協会はたくさんあり、日本での生活習慣病の多さが大きな医療問題である事や、生活習慣病が引き起こすアテローム性動脈硬化症の怖さ、生活習慣病を改善する事の重要さを訴え活動しています。どのNPO法人日本協会でも生活習慣病の改善のために降圧の大切さを訴えており、食事や運動などの重要性を教えてくれています。運動を始めた男性高血圧になると糖尿病などのほかの生活習慣病も併発しやすく、また併発してしまうとアテローム性動脈硬化症の進行は更に加速するため、降圧はとても大切な事になります。降圧のためにはNPO法人日本協会が教えてくれているように、食事や運動などを見直す事がとても重要になります。NPO法人日本協会では広報誌やイベント、講演などを開催して医療知識のない一般人でも分りやすいように情報を発信しています。自分自身の健康管理のために、有効利用する事をおすすめします。