降圧のための心得の記事一覧

  • 2018.02.05

    命の危険場面に遭遇したり入院無しの為に降圧を心掛け

    年齢を重ねると血圧が高い人の割合は多くなってきますが、どの位の人が高血圧の危険性を正しく理解しているでしょうか。血圧が高いままで何の対策もせずに放っておくと、高血圧が進行して合併症を引き起こし突然脳卒...記事の詳細

  • 2018.01.03

    NPO法人日本協会とアテローム性動脈硬化症

    アテローム性動脈硬化症は高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病により動脈が傷つき、動脈の血管壁にコレステロールやマクロファージの死骸が溜まってプラークという塊を作った状態をいいます。アテローム性動...記事の詳細

  • 2017.12.14

    メインテートを個人輸入したいならジェネリック

    心臓の拍動を活発にする・血圧を上昇させる交感神経の作用を抑える働きがあるという医薬品が「メインテート」です。 この医薬品のジェネリック薬が「メインテートジェネリック」です。 主成分はビソプロロール...記事の詳細

  • 2017.11.30

    目の充血は降圧剤の副作用で低血圧になる場合も

    降圧剤を服用すると高すぎる血圧を低下させることができます。日課のように服用することが重要ですが、服用中に鏡をふと見ると目の充血が見られたなら、注意する必要があります。降圧剤の副作用に目の充血があるから...記事の詳細

  • 2017.10.29

    下肢動脈硬化症や血管の破裂を招く高血圧は降圧対策で

    血圧が少しくらい高くても、何も問題は無いという方も少なくありません。実は高血圧はほとんど自覚症状が現れないと言われています。痛くもかゆくもなければ、さほど気にしない方が大半でしょう。しかし、高血圧の状...記事の詳細

  • 2017.09.28

    高血圧の人は排泄時にも注意が必要

    高血圧とは血管に常に高い負担がかかっている状態のことです。高血圧になると糖尿病や腎症、動脈硬化や心筋梗塞、更には脳血管疾患などを発症するリスクが高くなることが明らかにされていますから、これを予防するこ...記事の詳細

  • 2017.08.24

    レントゲンで分かる高血圧性心臓病と降圧の薬品名一覧

    レントゲン写真を撮る事で、体の中に隠されている様々な病気を発見する事ができます。心臓病もレントゲン写真によって、発症しているかどうか知る事が可能です。心臓肥大や心臓部分の動脈硬化が起こる要因は色々とあ...記事の詳細

  • 2017.07.20

    病院や診療所で降圧剤を使った高血圧治療

    脳梗塞やくも膜下出血、心筋梗塞や狭心症といった病気は死に至ることも珍しくない怖い存在です。これらはすべて循環器系の病気で、血液や血管の異常が引き起こします。いきなりこれらの病気になるというより、そこに...記事の詳細

  • 2017.06.17

    高血圧の人は入浴に注意

    血圧は日常の些細な行動や気温によって常に変動しています。海外ではシャワーで済ます人も多いですが、日本では湯船に浸かる習慣が根付いているので高血圧の人は血圧を上昇させない工夫が必要です。きちんとした入浴...記事の詳細

  • 2017.06.02

    朝に高血圧が更新する訳

    朝に血圧を計ることが多いと思いますが、いろいろな理由があります。血圧を測定するには朝・昼・晩と自宅でリラックスした状態で測定し、数値をとっていくのがよいといわれていますが、中でも朝は一番体の疲れなども...記事の詳細